あなたのお宅のパッシブデザイン度は?

住宅のパッシブデザインとは特別な機械装置を使わずに、建物の構造や材料などの工夫によって熱や空気の流れを制御し、快適な室内環境をつくりだす手法の事をいいます。それに対しスマートハウスやZEH(ゼロ・エネルギーハウス)は機器を積極的に導入して住宅の消費エネルギーを限りなくゼロに近づけるものです。太陽光パネル、蓄電池などを導入し、メカに頼るところが多いのです。パッシブデザインは間取りなどの工夫を行い、日本古来の冬は日だまりで室温を暖かかくし、夏は長い庇で直射日光を遮ったり、一年中温度変化の少ない地熱を利用したりと、機械に頼らない省エネの温熱環境を作りだすというものです。チルチンびと地域主義工務店の会は積極的にパッシブハウスの考えを取り入れて行きたいと考えています。

さて下記のようなパッシブデザインの認証制度のガイドラインがあります。あなたの家ではこの冬10〜15℃の日が何日ありましたでしょうか?

パッシブデザイン協議会

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*