樹木を植えるときのコツ

ホームセンターの植木売り場でも落葉樹の株立ちの木、ヤマボウシ、わシャラ、エゴ、アオハダ、モミジなどが手に入れます。そのような植木を買ってきて庭に植える場合に、1本1本異なる木を植えると、木の見本園のような庭になってしまいます。1本ずつは良い木でも、庭としての雰囲気は出ません。そんな時は同じ木を少なくとも二本は使います。その内の2種類位は大きさの異なる、同じ木を用意し、木と木がかさなるように植えてみてください。『林』のような雰囲気がそこに生まれるはずです。自然の林は同じ木が様々な形や大きさで生えています。その風情をあなたの庭に移し、再現するのです。高木に添えてヤマツツジ、ドーダンツツジ、ニシキギ、アセビ、ミツバツツジなどの灌木を添え、さらに低木のサカキ、さつき、トクサ、ヤブラン、ヤブコウジ、フツキソウなどの下草を味付けとして植えれば立派な自然風の庭になること請け合いです。さらに苔のついた山石などをおけば完璧です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*