F☆☆☆☆だから安全?

下記に挙げる住宅建材、これらは住む人の健康に重大な影響を及ぼします。

・無石綿スレートなど化学物質を含有するサイデイング

・シアノアクリレート系溶剤を含む接着剤を多用する合板

・微細なガラス繊維が浮遊するグラスウールの断熱

・ビニールタイルやフロアタイルなどのビニール製品、ビニールクロス

・アクリル樹脂を含む建材や外壁塗装材料、塗り壁等

これらの建材を高気密高断熱仕様で住宅に使用すると、ダニやカビを発生しやすく、アトピーやアレルギー、喘息を発症する原因となります。これら材料は大手ハウスメーカーや大手地元ビルダーが建てている住宅に殆ど使用されています。

チルチンびと、地域主義工務店の会では大事なお子様が育ち盛りを迎える家にこれらの化学物質を使用することをおすすめしていません。現在国の指針ではF☆☆☆☆はたった2種類の化学物質を規制しているに過ぎません。これは工業化、大量生産を推奨し、大企業優先の政策を推し進めるための免罪符に過ぎないのです。

自然素材の家は安心で家族が健康に暮らせる住宅です。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*