薪ストーブに関するQ&A

筆者は拙宅でも薪ストーブを20数年来、使っています。

お施主様からよく尋ねられる質問とその答えを下記に列挙します。

 

Q1.子供がいたずらをしたり、触ったりしませんか?

A1.子供さんが近づいて危ないとお感じになる方は簡単なガードをするようにお願いしています。

しかし、よほどのことがない限り、子供さんは本能的に火気には触れようとしないものです。しかも

ストーブに近づくに従って体感温度が高まり、触れたりすれば火傷すると身の危険を感るものです。

 

Q2.夜間つけっぱなしにしても大丈夫ですか?

A2.全く問題ないです。朝まで種火が残っていることが多く、家全体をほんわかと温めてくれます。

また、ストーブは扉で完全に隠蔽しますので、火の粉が飛ぶといった原始的な事象も皆無です。

 

Q3.テレビなどは近くに置いたらいけないでしょうか?

A3.写真のテレビとストーブの距離は約35cmほどですが、これが遠赤外線の不思議なところで、

画像や機能、筐体には全く影響を及ぼしません。拙宅では約25年この位置で問題なく使っています。

 

Q4.ストーブに火がついたまま家を離れても大丈夫ですか?

A4.拙宅では外出が多いのですが、ストーブの燃焼は炉の中で起きていますので、扉を閉めている

限り、外には熱を放出するだけで、安全です。むしろ、石油ファンヒーターやこたつの方が地震や

災害があったときに危険かもしれません。なにせストーブは100〜150kgと重いですから。

 

Q5.女性でも扱えますか?

A5.もちろんです。拙宅では着火は夫婦交代で行っています。薪は重いものもありますが、

デッキや軒先に置いておけば濡れることもなく、宅内に運び込めます。その折、バスケットの

ようなものに入れておくとインテリアのアクセントにもなります。

 

Q6.薪の調達はどうしていますか?

A6.重要な課題です。さとやま工房では導入されてから2〜3年は薪の調達先をご紹介しています。

中には薪ストーブマニアになられる方も多く、木の伐採から薪割り、薪積みまでをこなし、年中行事に

されている方も多くいらっしゃいます。お買いになられる場合、ホームセンターなどでは一束単位が

割高ですが、パレット一杯幾らで販売している業者さんもいらっしゃいます。

 

Q7.リフォームでも取り付けられますか?

A7.もちろん大丈夫です。その際、念入りな煙突計画や断熱も窓、壁と合わせて行いますと、

薪ストーブ導入による恩恵がさらに増すと思います。

 

Q8.街中でも取り付けは可能ですか?

A8.住宅密集地にはおすすめできません。最近の薪ストーブは高性能で、煙も2次燃焼で白煙を出す

ことが少なくなっていますが、やはり初期点火時や水分の多い薪を燃やすことにより白煙が出ることが

あります。風向きにも影響されますので、近隣にお住まいの方と十分にコンセンサスを取られると

よろしいでしょう。

 

以上、薪ストーブは自然や人に優しいサスティナブルでエコな暖房です。十分に安全を確保の上、

お使いになれば人生に喜びと寛ぎを与えてくれるものに違いありません。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*